音痴を治したい!TOP > 基礎トレーニング! > 音程を合わせる方法!

カラオケで音程を合わせる!音がずれる場合はどうすればいい?


正しい音程の取り方

カラオケで歌うとなぜか音程が合わないと悩む人もいます。

特に音痴の人の場合、カラオケで歌っていても気持ち良いものではありませんよね。

周りの人にも笑われてしまうので、歌が下手だと恥ずかしい思いをしてしまいます。

カラオケで音程が合わないならトレーニングや練習が必要になります。


そこで今回は・・・

  • 音程が「合わない」「ずれる」のタイプについて!
  • 音程を合わせるには現状を知ることが大事!
  • カラオケのキーを変えて音程を合わせる!
  • 鍵盤を使って音程を合わせる方法について!


これらをお伝えしています。

カラオケで歌っていると音程がずれて合わないと悩む方は、ぜひ参考にしてみてください。


音程が「合わない」「ずれる」のタイプについて!


カラオケで音程が合わないと言ってもいくつかタイプがあります。

大きく分けると次の2つです。

  • 全体的に音程がずれているタイプ
  • ところどころ音程がずれているタイプ



全体的に音程がずれているタイプ


カラオケで歌うとなぜか全体的に音程がずれている方もいるようです。

なぜ全体的に音が合わずにずれてしまうのか?

その理由には・・・

・メロディーを把握していない
・音感が悪い
・表現力がない
・棒読みになっている

このような事が挙げられます。

そもそも、全体的に音程が合わない人は、曲のメロディーを理解していない可能性もあります。

また、メロディーが分かっていても音程が合わない場合は、音感が悪い証拠なので、トレーニングや練習を行い音感を鍛えることが重要です。

他にも表現力がない人や歌うと棒読みになる人も音程が合いません。


ところどころ音程がずれているタイプ


カラオケの曲によっては、上手く歌えたり、ところどころ音程がズレてしまうタイプもあります。

例えば、サビの高音の部分で音程がズレて合わなくなる。

あるいは逆に音程の低いところが合わない場合です。

こんな方は、特に音感が悪いというわけではありません。

自分の音域と曲の音域が合っていないだけのことです。

なので対策は、音域を広げる練習やトレーニングを行う。

または、曲のキーを変えることで音程を合わせることができるようになります。


音程を合わせるには現状を知ることが大事!


音程が合わない?ずれる?と言った場合、先ずは現状を知ることが大事です。

自分の音程を知るには2つの良い方法があります。

それは・・・

  • 録音する
  • バケツをかぶって歌う
  • 片側の耳に耳栓して歌う


これら方法です。


録音する


音程のズレを確認するには自分が歌っているのを録音することです。

録音した音源を再生して聞けばどの部分が音程が合っていないか確認できます。

カラオケで歌う時は、スマホでいいので毎回録音しておくようにしましょう。


バケツをかぶって歌う・片側の耳に耳栓して歌う


どの部分がおかしいのか自分の音程を把握する良い方法が2つがあります。

それが・・・

「バケツをかぶって歌う」

「片側の耳に耳栓して歌う」

これらを試してください。

この方法をで歌うと不思議と自分の声がよくわかります。

自分がどれだけ音痴かも理解できるのでぜひ試してみてください。


カラオケのキーを変えて音程を合わせる!


曲の高音や低音のところで音がずれると言う場合はカラオケのキーを変えて歌ってみましょう。

これが一番手っ取り早い方法です。

■サビの高音が出ない場合
「−1」〜「―2」
ぐらいを目安に下げます。

■低音が出ない場合
「+1」〜「+2」
ぐらいキーを上げましょう。


これをやるだけで音程を合わせることができます。

無理して高いキーで歌うと喉や声帯を痛める原因になるのでこの方法はぜひ取り入れてください。


ただし・・・

この方法は、高音・低音で一部分の音程が合わない場合に限ります。

全体的に音が合わない、ズレる場合は、音感を鍛えて音程を合わせる必要があります。


鍵盤を使って音程を合わせる方法について!


鍵盤楽器の画像

音程が「合わない」「ずれる」という人は音感を鍛えることが大事です。

そこで、音程を合わせる方法として・・・

ピアノなどの鍵盤を使った音感トレーニングがあります!

楽器がなければスマホのアプリで「ピアノ」と検索すれば色々あるので、好きな物を使えば大丈夫です。


トレーニング方法は簡単です。

ピアノやアプリを使って・・・

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

と音を鳴らしながら一緒に声を発生していきます。

その際、ボイスレコーダー等で自分の声を録音して聞いてみてください。

そこで、音程が狂っていないかどうか?

また、しっくりくるかこないかを確認します。

もし、おかしい場合は、どの音がおかしいかを確認して、その音を出しながら自分の声をゆっくりと出してみましょう。


次に・・

ド・ミ・ソ・シ

レ・ファ・ラ・ド

こんな感じで音を飛ばしながら同じようにピアノの音と自分の声と一緒に出すトレーニングを行いましょう。


その他にも

ソ・シ・ミ・ド

などのように逆にトレーニングするのもいいでしょう。

コツとしては、ゆっくりでいいので確実に音程を合わせること!

正しく音程が合えばカラオケでも上手に歌うことができるようになります。


関連記事
音感を良くする方法とは?

リズムが取れない場合の対策について!


音程を合わせる方法・まとめ


今回は、音程を合わせる方法ををお伝えしました。

  • 音程が「合わない」「ずれる」のタイプについて!
  • 音程を合わせるには現状を知ることが大事!
  • カラオケのキーを変えて音程を合わせる!
  • 鍵盤を使って音程を合わせる方法について!


カラオケで音が外れるとバカにされたり、恥ずかしい思いをするのですぐに対策したいですよね。

そこで、音程を合わせるには現状を知ることが大事になります。

高音や低音の一部分がずれるなら、カラオケのキーを変えることで解決します。

ですが、全体的に音程が合わない場合は、鍵盤を使い音感を鍛えることが大事ということです。

いずれにせよ、カラオケでかっこよく歌うためにもトレーニングや練習は続けるようにしましょう。

ちなみに音痴を直したい人は、以下の方法が参考になるので一度確認してください。

たった7日間で音痴を解消する「マジックボイス」

歌を上手く歌うのは実は簡単!
たった7日で音痴が解消できる
もうカラオケは怖くありません!
マジックボイス
⇒たった7日で音痴は治る!マジックボイスは次のページで解説中!1週間でカラオケを上達させたい人必見です!