音痴を治したい!TOP > 基礎トレーニング! > 発声練習について!

発声練習のやり方は?歌が上手くなりたい人はどうすればいい?


発声練習について!

歌が上手くなるための発声練習ってどうやればいいのか?

音痴を治したいけど、今一つ、練習方法が分からないという人もいるでしょう。

ここで大事なのが発声練習(ボイストレーニング)です。

もちろん、ボイトレをやったとしても、今すぐに歌が上手くなるわけではありません。

それには、日々の練習やトレーニングは必須です。


そこで、今回は・・・

  • 発声練習・ボイストレーニングで意識すること!
  • 具体的な発声練習・ボイストレーニングのやり方!
  • やってはいけない発声練習について!


これらをお伝えしていきます。

音痴を治したい人や歌を上達させたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


関連記事
正しい音程の取り方について!


発声練習・ボイストレーニングで意識すること!


発声練習で意識すること!

発声練習(ボイストレーニング)と言っても何からやればいいのか分からない人が多いと思います。

まずは、次のことを意識しましょう。

  • 姿勢を意識する!猫背はNG
  • 腹式呼吸を意識すること!
  • 緊張をほぐして喉と舌の力を抜く
  • 口の開き方を意識する


これらです。


姿勢を意識する!猫背はNG


発声練習や歌う時には、正しい姿勢を意識することが大切です。特に猫背になっていると肺も圧迫されて声帯もしまるので声が届き難くなります。ですので、猫背を改善するようにしましょう。

また、立って歌ったの方が良い声がでますので、起立した状態で、足は肩幅ぐらいに広げた状態を意識してください。


腹式呼吸を意識すること!


呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸の2つがありますが、歌う場合は腹式呼吸を使います。胸式呼吸になると吐く息が少なくなり、良い声が出ませんし、音も響かなくなります。

腹式呼吸を意識するには、ゆっくりと深呼吸をするのがわかりやすいと思います。息をゆっくり吸って、ゆっくり吐くのですが、これをやるとリラックス効果も生まれるので、時間がある時は深い深呼吸を行う癖をつけるようにしましょう。


緊張をほぐして喉と舌の力を抜く


緊張から喉や舌、顔全体がカチカチになると音が響かなくなるので、良い歌声はでません。なので、喉や舌に力を入れないことが大切です。

発声練習の前には口を広げたり閉じりしてストレッチをします。舌を大きく出すなどして、緊張をほぐすようにしましょう。


口の開き方を意識する


歌う時には、口の開き方も意識しなければいけません。当然、口の開きが小さければ音は小さくなり、響かなくなります。だからと言って、大きく開ければ良いというわけではありません。

発声練習をする際は、口の開き方を考える事も大切ですので覚えておきましょう。

関連記事
声量をアップさせる方法について!


具体的な発声練習・ボイストレーニングのやり方!


発声練習のやり方

発声練習の具体的なやり方を紹介いたします。

やり方としては・・・

  • リップトリルの練習
  • 5トーンスケールで音階トレーニング
  • 表情筋を鍛えて声量アップさせる!


これらがあります。


リップトリルの練習


リップトリル(リップロール)は、ウォーミングアップや喉のストレッチとなります。やり方は、唇を合わせた状態で息を吹いて、小刻みにブルブルブルと振動させながら低音から始めて高音まで上げていく方法です。

コツとしては、均等に息を送り続けること。また、唇の横から息が漏れてしまうのもNGです。ちなみにリップトリルは喉を痛めない予防効果にもつながるので、練習してみてください。

次の動画が参考になるのでチャレンジしましょう。


リップロール初心者から上級者までいろいろなやり方を紹介します!いくちゃんねるボイトレ


5トーンスケールで音階トレーニング


5トーンスケールの音階トレーニングは、5音を使った発声練習です。
具体的には「ドレミファソファミレド」と声を出して、半音ずつ音を上げていきます。

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ファ・ミ・レ・ド」
「レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ」
「ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ラ・ソ・ファ・ミ」

このような感じで限界まで上げていき、次に逆に半音ずつ下がっていきます。

必ず、ピアノなどの楽器と同時に音を出しながら練習を行っていきましょう。特に音痴で悩んでいる人は、ゆっくりなスピードから始めるといいです。

次の動画を参考に一緒にトレーニングしてみてください。


【ボイトレ用音源】5トーンスケール女声用【発声練習】



【ボイトレ用音源】5トーンスケール男声用【発声練習】


表情筋を鍛えて声量アップさせる!


顔の表情筋を鍛えることでも声量アップさせることができます。普段、頻繁に表情筋を使わない人も多いですが、簡単に鍛えることができます。

やり方は、割り箸を口でくわえるだけなので簡単です。たったこれだけで、表情筋が鍛えられて、笑顔も作れるというおまけもついてきます。

関連記事
割り箸を加えたボイストレーニングとは?


やってはいけない発声練習について!


やってはいけない発声方法

発声練習でやってはいけない事ってなにがあるのでしょうか?

例えば・・・

  • 喉だけで歌う
  • 悪い姿勢やこわばった表情
  • 無理をする


このような事が挙げられます。


喉だけで歌う


胸式呼吸で歌うと喉を痛めてしまうので注意が必要です。ボイトレや歌う時には必ず、腹式呼吸で練習するようにしましょう。


悪い姿勢やこわばった表情


発声練習をする時は、起立した状態で猫背ではなく、正しい姿勢で練習をすること。また、表情がこわばると良い声はでないのでリラックスした状態でトレーニングしてください。


無理をする


発声練習では、高い音を出そうと無理をする人がいますが、喉を傷めるので気をつけなければいけません。

また、いきなり声を出すのも喉に負担をかけるので、かるくウォーミングアップしてから発声練習をするようにしましょう。

・・・・

これらが発声練習でしてはいけないことですので、喉を傷めないためにも気をつけるようにしてください。

関連記事
歌う前はウォーミングアップが大事!


発声練習のやり方・まとめ


今回は、発声練習(ボイストレーニング)のやり方をお伝えしました。

主な内容は・・・

  • 発声練習・ボイストレーニングで意識すること!
  • 具体的な発声練習・ボイストレーニングのやり方!
  • やってはいけない発声練習について!



発声練習を始める前には姿勢を正すことや腹式呼吸、緊張をほぐすなどいくつかありますが、問題は発声練習を続けることが一番重要です。

ボイストレーニングを行っても今すぐ歌が上手くなるわけではないので発声練習をする習慣をつけるといいと思います。

また、「喉だけで歌う」「悪い姿勢やこわばった表情」「無理をする」などやってはいけない事もあるので気をつけてください。

ちなみに音痴を直したい方は、以下の情報が参考になるので確認しましょう。

たった7日間で音痴を解消する「マジックボイス」

歌を上手く歌うのは実は簡単!
たった7日で音痴が解消できる
もうカラオケは怖くありません!
マジックボイス
⇒たった7日で音痴は治る!マジックボイスは次のページで解説中!1週間でカラオケを上達させたい人必見です!