音痴を治したい!TOP > 上手に歌うテクニックについて! > 息継ぎのコツについて!

歌う時の息継ぎってどうすればいい?


みなさん、カラオケなどで歌う時に息継ぎはどうされていますか?

あまり意識していないという人も多いかもしれませんね。

一般的には、歌詞の節目節目で息継ぎする!

このように言われています。

ただ、曲によっても節目の長さも違うで分からない時もあるでしょう。


そこで、今回は・・・

息継ぎのコツ

こちらに注目してみました。

いまいち息継ぎが分からないと言う人は、ぜひ参考にしてください。


あわせて読みたい記事
滑舌を良くすると歌が上手くなる!


息継ぎの対策について!


どこで息継ぎをしていいのかわからない。

こんな場合は・・・

歌っている本人の口元をよく見る!

これが良い方法です。

テレビやネット、DVDなどを参考にしてみてください。

何度も確認して、どこで息継ぎをしているのか?

歌詞カードに印を付けておくのもいいでしょう。

あまりにも息継ぎするまでが長い場合は、声量をアップさせることも大事です。


また、息継ぎの疑問としては・・・

鼻呼吸にするのか?

口呼吸にするのか?


どっちを優先すればいいのか迷ってしまいますよね。

鼻呼吸・口呼吸、それぞれメリットやデメリットなどがあります。

それぞれ特徴を紹介します。


鼻呼吸の特徴について!


鼻呼吸の場合、息を吸うには時間はかかります。

なので、瞬時に息を吸うには向いていません。

ですが、鼻呼吸では・・・

・腹式呼吸になりやすい

・喉に負担をかけない


これらのメリットがあります。


口呼吸の特徴について!


口呼吸の場合は、瞬時に息を吸うことができます。

フレーズの節目が短い場合には、役に立ちます。

ただ、口呼吸では・・・

  • 喉が乾燥しやすくなる
  • タイムラグが生じる


などのデメリットがあります。

口で呼吸をすれば、当然、喉が乾燥しやすくなりますし、どうしても負担をかけてしまいます。

また、タイムラグというのは、息を吸って、すぐに息を吐いて発声するので、少しではあるのですが、発声するのに時間がかかるということです。

・・・・

一概にどちらを使うのが正解とかはありません。

指導する先生によっても違うこともありますからね。

なので、自分で無理なく自然な感じで息継ぎを行うのがいいでしょう。

また、息継ぎをする際に、マイクを近づけままにするとダイレクトに音を拾ってしまうので、マイクを少し、離すようにするといいです。

関連記事
ビブラートのかけ方!何を意識すればいい?

たった7日間で音痴を解消する「マジックボイス」

歌を上手く歌うのは実は簡単!
たった7日で音痴が解消できる
もうカラオケは怖くありません!
マジックボイス
⇒たった7日で音痴は治る!マジックボイスは次のページで解説中!1週間でカラオケを上達させたい人必見です!