音痴を治したい!TOP > 上手に歌うテクニックについて! > 音域を広げる方法!

音域を広げたいなら・・・


音域を広げる方法!

音域を広げるにはどうすればいいのか?

カラオケなどで歌っていても、高音が出ないから音痴に聞こえてしまう。

こんなケースは多いと思います。

できることなら、音域を広げて低い音から高音まで出したいところ!!

実際にトレーニングを重ねることで、出なかった音が出るようになります。

そこで、こちらでは・・・

  • 音域が広がれば音痴も治るって本当なのか?
  • 高音〜低音が出る仕組みについて!
  • 音域の広げ方について!


これらについてお伝えしています。

なかなか高音が出ないと悩んでいる人は、参考にしてみてください。


あわせて読みたい記事
音痴を治したい?歌が上達するトレーニングとは?


音域が広がれば音痴も治るって本当なのか?


音域が広がれば音痴も治る

音痴の人は、音域が狭くなっている可能性があります。

曲によっては、高い音が必要なところもあると思います。

でも、音域が狭く、高音が出ない場合は、音を外して歌うことになるんですね。

それが続けば、音痴に聞こえてしまうのは当たり前です。

高音だけに限らず、低い音でも、同じようなことが言えるでしょう。

それを解決する方法には、キーを変更して歌う方法があります。

ただ単に高い音が出ないのであれば、キーを下げればいいわけですね。

大抵、カラオケの場合であれば、それで問題は解決します。

しかし・・・

どうしても原曲のキーで歌いたい。

バンドでやっているので、キーの変更が難しい。


こんな時もあるでしょう。

そんな場合は、音域を広げる練習をする必要があります。

もちろん、1日や2日ぐらいで高音が出るということはありません。

それでも、日頃からトレーンングを重ねることで、高音が出るようになります。

関連記事
声量がアップするとロングトーンもラクに出る!


高音〜低音が出る仕組みについて!


高音〜低音が出る仕組みについて!

どうすれば、高音から低音まできれいに出せるようになるのか?

まずは、その仕組みについて考えてみましょう。


高音が出る仕組みは?


まず、高音を発声する時ですが、喉仏は上に上がるんですね。

すると、同時に喉の空間が狭くなります。

その状態から空気を吐き出すことで高音が出るような仕組みとなっています。

では、今よりも高音を出したい場合にはどうすればいいのか?

高音を出したいなら・・・

喉仏が上がった状態から、意識して喉を開くようにする!

ここが大事なポイントとなります。


低音が出る仕組みは?


逆に低音を出す時は、喉仏が下に下がります。

喉仏を手で触ってみると、動くのがわかると思います。

また、あくびをした状態で声を出すと低音になります。

なので、低音を出す場合は・・・

あくびをした時と同じような感覚を意識すること!

そうすれば、上手に低い声が出せるようになっていきます。

・・・・

いずれにせよ、理想の高音や低音を出したいなら、ボイストレーニンを行わなければいけません。

関連記事
発声練習!ボイストレーニングのやり方を解説!


音域の広げ方について!


音域の広げ方について!

音域の広げ方のトレーニングですが、やることは至って簡単です。

具体的には・・・

「あーーーーーーー」

と発声していきます。

自分の一番低い声からゆっくり発声して、高い音まで出していく!

たったこれだけです。

また、逆に高音から低音に向かって発声するのもいいです。


ポイントとしては・・・

音程のきついところで我慢をする

喉を痛めないためにも、無理のない範囲で行う

これが大事です。

早く高音を出したいからと無理をすると喉を痛めるので、数ヶ月はかかると言う気持ちがでトレーニングを行っていきましょう。

ちなみに・・・

普段、低い声の人は、高音が出しづらい傾向にあります。

なので、高音を出したいのであれば、日頃からトーンを上げてしゃべるのも1つのトレーニングになるんですね。

また、声が高くなると、会話が聞き取りやすかったり、好感が持てるなどメリットもあるので、発声練習と思って、普段から高い声を出してみるのもいいと思います。

関連記事
活舌が良くなると歌が上手くなる!具体的なトレーニングのやり方!

たった7日間で音痴を解消する「マジックボイス」

歌を上手く歌うのは実は簡単!
たった7日で音痴が解消できる
もうカラオケは怖くありません!
マジックボイス
⇒たった7日で音痴は治る!マジックボイスは次のページで解説中!1週間でカラオケを上達させたい人必見です!